先輩インタビュー:片桐 敦子|社会福祉法人永甲会【採用情報】

  • 新卒ナビ
  • 採用エントリーフォーム
  • 社会福祉法人永甲会サイト
社会福祉法人永甲会採用情報サイト
【施設名】 障がい者支援施設 エビノ園
【部署・役職】 生活支援員
【入社年度】 H23年9月25日 
【氏名】 片桐 敦子  【年齢】 28才
【資格】 介護福祉士、社会福祉士
里人さんの人生が
より充実したものとなるための
お手伝いを!

介護の仕事を選んだ理由を教えてください。

自分の性格上、介護の仕事なら自分を待っていてくれる人の顔が見えるので、頑張れると思いました。また、大好きな祖母と同居していましたので、高齢者との関わりが好きだったということもあると思っています。

 

「永甲会」を職場に選んだ理由は?

永甲会に電話した際に「ぜひ一度見学に来て下さい」と言って対応してもらった事がとても印象的でうれしかったことが理由です。
また、見学をした際の雰囲気が自宅にいるような感じで素敵だなと感じて、永甲会に就職することにしました。

現在の仕事内容をお尋ねします。

里人さんの生活支援をしています。食事・入浴・排せつの3大介護に+αです。その、αの部分の人間関係を大切にしていくことが一番重要な仕事だと感じています。

 

現在の職場をどのように感じていますか?

永甲会では「人づくり」を重視していますので、職員をすごく大切にしてくれます。職員が要望を挙げれば必ず答えが返ってきます。
本当に人を大切にしてくれていると実感できる職場です。

永甲会の理念を実践するにあたり、日ごろより心掛けている項目を1つ挙げて具体的に教えてください。

「里人さんの立場に立って考えるようにしています。」
自分で意思表示のできない里人さんの食事は職員が支援して食べて頂きますが、それは本当に里人さんがそうしてほしいと思っていることなのだろうか?等といつも考え、里人さんの様子を観察することで気持ちをくみ取る努力をしています。

 

里人様(ご利用者様)と接する時に心がけてる事、大切にしている事はなんですか?

笑顔と観察です

介護の仕事で魅力・やりがいを感じるのはどんなところですか?

介護は家族でない方の人生に深く関わる仕事です。自分と出会ったことで里人さんの終末期人生が左右されることになると考えます。そのため里人さんの人生が充実し、より良いものになるためのお手伝いをと考えています。そのことに私はやりがいを感じています。

 

これまで仕事で一番うれしかった事を教えてください。

あまり自分からお話をされない里人さんが話しかけてくださったり、お花の水やりをしていて、芽がでてきたの発見して里人さんと一緒に喜んだりなどのことがあります。
うれしいことはいつも自分から見つけていくようにしています。

今後、永甲会をどのような施設・センターにしていきたいと思いますか?

施設と家庭はちがうと思いますが「ここの施設はなんでもできる!」と里人さんやご家族さんに思って頂けたらいいなと思います。
また、外部にも開かれた施設にしたいとも思っています。

 

現在、就職活動中の方へ一言アドバイスをお願いします。

就職活動中は、人と比べられることが多くてたいへんだろうと思います。
本当は人に優劣はつけられないものです。私は他の人の良い所をたくさん挙げられる人こそ素晴らしい人だと思います。是非そんなあなたと一緒に仕事がしたいと思います。
就職活動、頑張ってください! そして一度、永甲会へ見学にいらしてください。